Switchがソフトを読み込まない原因と修理の依頼方法を解説【プロ監修】

Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)にゲームソフトを入れても

「ゲームカードを読み込めませんでした。ゲームカードを差しなおしてください。」

と表示され、ゲームソフトを読み込まないという症状が急増しています。

本記事では上記のような症状が起こる原因と対策法を解説しています。

リペアラボ 奈良店ではゲームが読み込めない症状もデータを全て残したままで修理が可能です。
来店修理なら1時間、郵送修理でも到着した当日には修理が終わりますので、修理をご依頼される方は以下のバナーからご依頼ください。

Nintendo Switch ゲームが読み込まない 修理予約

コロナに負けるな!!キャンペーン実施中
Switchの郵送修理料金が
全メニュー¥1,500割引
往復の送料が
実質無料でご依頼いただけます。
お問い合わせの際にキャンペーンを見たとお伝えください。

目次

NintendoSwitchでゲームソフトが読み込まなくなる原因と対策

まずはNintendo Switchでゲームソフトが読み込まなくなる原因と対策を解説します。

本症状の原因は大きく分けて3つありますので、ご自身のNintendo Switchと1つ1つ見比べて見ましょう。

原因①:ゲームカード自体が汚れている

1つ目の原因は、ゲームカードの読み取り部分が汚れている、もしくは損傷していることです。

以下の画像の赤い枠の部分が、ゲームカードの読み取り部分です。

NintendoSwitch ゲームカードが壊れた

この部分が指紋、皮脂、その他の汚れなどによって汚れてしまっている場合、正常にゲームカードを読み取ることが出来なくなってしまいます。

汚れが付着しているケースであれば簡単に対処出来る為、以下の方法を実践してください。

①綿棒を用意し、アルコールを少しだけ含ませる
②金属部分を壊さないように、丁寧に綿棒で拭き上げる
③しっかりとアルコールが乾くまで1分以上待つ

原因②:Nintendo Switch本体のピンが曲がっている

2つ目の原因は、Nintendo Switch本体側のゲーム差込口にあるピンが曲がっていることです。

以下の画像の赤い枠の部分にピンが並んでいます。

NintendoSwitch ゲームが読み込まない原因
※参考画像として分かりやすく撮影する為、部品のみで撮影しています。

暗くてピンの曲がりが判別しづらい場所なので、スマートフォンのライト機能などを使って確認すると良いでしょう。

このピンが1本でも曲がってしまっている場合、ゲームカードを正常に読み取ることが出来なくなってしまいます。

曲がってしまったピンをピンセット等で元の位置まで戻すことで一時的にゲームカードを読み込むようになりますが、何度か抜き差ししている間にまた壊れてしまいます。

また、ピンセットで他の部分に触れてしまい、Nintendo Switch本体がショートしてしまうという最悪のケースも考えられます。

くれぐれも自身で修理することは考えず、任天堂公式の修理サービスや、Nintendo Switchの修理に対応している民間修理業者に依頼することをお勧めします。

ゲームカードリーダーの部分だけを交換する為には、はんだ付けなどの高度な技術が必要となります。

原因③でも解説しますが、はんだ付けが出来ずサブ基板ごと交換してしまうと不具合が発生するケースもあるので、修理を依頼する業者は慎重に選びましょう。

原因③:Nintendo Switch内部のサブ基板が壊れている

3つ目の原因は、Nintendo Switch本体内部のサブ基板が壊れているケースです。

以下は分解したNintendo Switch本体の画像です。
赤い枠の部分に、ゲームソフトを読み込む為の部品が取り付けられています。

Nintendo Switch 読み込まない修理

この部品はサブ基板と呼ばれ、ゲームカードを読み込み、読み込んだ情報をメイン基板へと送信する役割を持っています。

この部品が壊れてしまった場合、メイン基板へ情報を送信することが出来ず、結果読み込みエラーが発生してしまいます。

また、イヤホンジャックやタッチセンサーの情報を処理する機能も搭載されている為、それらの異常もサブ基板の故障が原因となります。

サブ基板が故障してしまった場合は部品の交換で修理することが出来るのですが、見た目では分からない2種類のサブ基板が存在しており、適合しない種類の物を取り付けてしまうとタッチ操作の暴走などが発生してしまいます。

民間の修理業者でも2種類存在していることを知らない業者も多く、修理後にタッチの異常が発生してしまうケースが多発しているようです。

更に、部品を交換しても根本的な故障原因の解決には至らない為、またしばらくすると故障してしまうのが特徴です。

リペアラボで行う修理の特徴

前項ではニンテンドースイッチでゲームカードが読み込まなくなる原因を解説しましたが、本項では実際に行っている修理内容をご紹介します。

当店では基本的にサブ基板の交換は行わず、ゲームカードリーダー単体の交換、もしくはサブ基板自体の修理を行います。

ゲームカードリーダー単体の交換

Nintendo Switch 読み込まない修理2

例えば原因②で紹介したようにゲームカードリーダーのピンが曲がってしまっている場合は、ゲームカードリーダーの部分のみを交換します。

細かいはんだ付けの作業が必要となりますが、サブ基板は交換せずに済みますので、タッチ操作の暴走などは発生しません。

サブ基板自体の修理

Nintendo Switch 読み込まない修理3

次に原因③で紹介したサブ基板自体の故障ですが、こちらも交換はせずサブ基板自体の修理をすることでゲームが読み込めるようになります。

故障の原因は画像の赤い枠の部分にあります。

こちらはサブ基板とメイン基板をつなぐための部分ですが、柔らかいケーブル部分が日々行うゲームカードの抜き差しに耐えられず、断線してしまうことが故障の原因となります。

リペアラボでは断線してしまった回路を特定し、髪の毛程度の細さしか無い回路を新たに作り直すことでサブ基板の修理を行います。

こうすることでサブ基板交換の弊害であるタッチの暴走を無くし、更に新たに作り直した回路は今後断線することが無い為、ゲームが読み込めない症状の再発を防ぐことも可能です。

リーズナブルな修理価格

当店での修理は”壊れている箇所だけ”を修理する為、任天堂公式の交換修理や、本体の買い替えよりもコストを抑えることが出来ます。

詳しい修理料金は以下のページをご確認ください。

スイッチがゲームソフトを読み込めなくなった時の修理依頼方法

では、Nintendo Switchでゲームカードが読み込まなくなってしまった時の修理依頼方法を解説します。

任天堂公式サポートへ依頼する場合と、民間の修理業者へ依頼する場合では依頼方法が大きく異なりますので、それぞれ分けて解説します。

任天堂公式サポートへ依頼する方法

「オンライン修理受付」ページからニンテンドーアカウント情報を入力し、修理を申し込む。

②壊れたNintendo Switchを任天堂サービスセンターへ発送する。

③任天堂が修理代金の見積りを発行し、同意した場合修理の依頼をする。

④任天堂が修理を行い、返送する。
※修理期間は10日〜最大1ヶ月程度

⑤荷物を受け取り、修理完了。

任天堂公式へ依頼するメリット

・公式サポートで修理する為、安心感がある。
・保証期間内の場合は無料で修理が出来る場合がある。※保証期間内でも有償になるケース有り
・確実に修理、または交換されて手元に届く。

任天堂公式へ依頼するデメリット

・修理日数が10日〜1ヶ月と、ゲームをプレイ出来ない期間が長くなる。
・修理後はデータが消えてしまう可能性が高い。

来店修理を依頼する方法

※リペアラボ 奈良店を例に解説します。

「お問い合わせフォーム」から故障内容を連絡するか、電話で問い合わせをする。

②店頭へ壊れてしまったNintendo Switchを持ち込み、修理受付をする。

③修理スタッフがお預かりした端末を修理する。
※修理時間は1〜2時間程度

④修理が終わった端末を受け取る。

修理業者に依頼するメリット

・予約無しでも部品があればすぐに修理が出来る
・修理時間は1時間〜2時間程度と非常に短い
・データは消えずに残ったまま修理が出来る

修理業者に依頼するデメリット

・公式サポートの修理ではない
・保証期間内であっても有償での修理になる
・故障状況が酷い場合は修理が出来ないこともある

郵送で修理を依頼することも可能

リペアラボ 奈良店では郵送でのNintendo Switch修理にも対応しています。

全国各地から修理を依頼いただける他、実質送料無料のキャンペーンもございます。

郵送での修理をご希望の際は以下のページを参考にご依頼ください。

何故セーブデータを消さずに修理が出来るのか

任天堂の公式修理ではデータが消えてしまうことに対し、リペアラボ 奈良店では全てのデータを残したまま修理することが出来ます。

何故データを残した状態で修理が出来るのか不思議に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

まず任天堂での修理は”部分修理””交換修理”があり、今回のような故障は全て交換修理となります。

名目上は”修理”となりますが、実際は壊れてしまった基板を丸ごと交換しているようです。

セーブデータやダウンロードしたデータは全て基板に保存している為、交換修理の場合はデータが初期化されてしまうのです。

対してリペアラボの修理は”基板の交換”ではなくデータ領域には触れない”部分修理”を行っている為、データ領域はそのままで、本当に壊れている部分のみが修理できるのです。

リペアラボではNintendo Switchの様々な故障の修理に対応しておりますので、故障でお困りの方は以下の記事もご覧ください。

リペアラボではNintendo Switchも即日で修理可能

Nintendo Switchでゲームが読み込めなくなる故障は様々な原因があり、自身で解決させる事は非常に難しいのが現状です。

リペアラボ 奈良店ではお客様の端末の状況をしっかりと確認し、適切な内容で修理をしています。

Switchの故障でお困りの方は、以下のページからお問い合わせください。

Nintendo Switch ゲームが読み込まない 修理予約

Nintendo Switch 修理実績

Repair Achievement


  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる