電源が入らないiPhone 8のデータ復旧【基板修理】

奈良市のiPhone修理・スマホ修理専門店 リペアラボ 奈良店です。

本日はiPhone修理店を営業している同業者の方から、電源が入らないiPhone 8のデータ復旧依頼がございました。

iPhone8が充電中に突如動かなくなり、バッテリーなどを交換しても電源が入らない状況だったそうです。

部品交換で直らない場合は基板の修理を行い、内部データの復旧を目指します。

今回の基板修理作業は30分程度で完了し、データも全て残したままご返却が出来ました。

当店では同業者様からの基板修理の代行依頼にも対応しておりますので、お困りの際はぜひ基板修理代行サービスのページからご相談ください。

一般のお客様は以下のバナーからお問い合わせください。

iPhone8 基板修理 予約 奈良市
目次

電源が入らないiPhone 8の基板修理レポート

修理前の状態確認

電源が入らないiPhone8 基板修理前の点検

今回ご依頼いただいたiPhone 8はこちらです。

充電器を挿しても全く反応せず、本体に流れる電流も0.00Aという状態です。

メインの給電回路がショートしている可能性が高い為、まずは端末を分解して基板を取り外します。

基板の点検・修理作業

電源が入らないiPhone8の基板

壊れている箇所を探す為、基板を取り外しました。

大小様々なICチップや、コンデンサー、フィルター、抵抗などのチップが千個単位で搭載されています。

この中から故障の原因となっている回路を特定します。

電源が入らないiPhone8 回路がショートしている

分解前に予想していた通り、今回はメインの給電回路がショートしているようです。

抵抗値が0.006と表示されており、GND(グランド)と同等の値になっています。

電源が入らないiPhone8 ショートしているチップの修理

ショートしている回路が特定出来た後は、回路内で故障しているチップを特定します。

今回の場合は赤丸で囲んでいるコンデンサーがショートし、発熱していることが分かりました。

電源が入らないiPhone8 基板修理完了

ショートした回路の修復作業が完了し、抵抗値も正常に戻りました。

基板修理後の状態確認

電源が入らないiPhone8 データ復旧完了

基板修理後は正常に起動するようになり、タッチ操作も問題なく出来るようになりました。

もちろん内部のデータは全てそのままで壊れる以前の状態に復旧出来ています。

リペアラボ 奈良店はiPhoneの基板修理にも対応

今回は同業者様からの基板修理依頼をご紹介しました。

突然電源が入らなくなった、水没してしまったなど、iPhone修理店でも修理が出来ないと断られてしまった端末も数多く復旧させた実績がございます。

もちろん通常の画面交換やバッテリー交換にも対応しておりますので、iPhoneの故障でお困りの際はぜひご相談ください。

iPhoneの修理料金はこちら

郵送修理にも対応

当店は郵送での修理にも対応しておりますので、日本全国から修理をご依頼いただけます。

郵送修理の費用が1,500円引きになる送料実質無料キャンペーンもございます。

遠方でご来店が難しい方や、忙しく来店が難しい方などは郵送修理をご検討ください。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる